働くための支援 | 障害者支援・就労サポートならこすもすへ…(就労継続支援B型)

働くための支援
バナー

「自分らしく生活していけるようになりたい」

こんな方のサポートをしています

  • ・コミュニケーションやマナー意識を向上させたい
  • ・自分の得意なことを伸ばしたい、または取り組みたい
  • ・パソコンの力をつけたい、パソコンを習ってみたい
  • ・少しでも働いて収入を得たい
  • ・就職したい

働くために必要な力(ワークスキル)は誰でも持っています。
社会生活を送るためにも必要なのは社会人としてのマナーやコミュニケーションです。
こすもす浅草橋はサポートする中で利用者さん一人ひとりが、 「普通に社会で生活していけるようになる」・「自分らしく生活していけるようになる」
にはどうしたら良いのか?ということを支援の軸にしています。

利用者さん一人一人のライフスキルを見極め、自然にスキルアップできるようなることを、目標として支援活動を行っています。
初めから、毎日通わなくても週に2日(半日)からでも大丈夫です。
まず、通おうとするその気持ちが大切です。

支援内容

  • マナー意識の向上
    コミュニケーション力やマナー意識の向上を目標とした支援を行います。
  • 一連の仕事の流れを経験
    自主製品の制作を通して、納品や材料の仕入れ、販売等を経験できます。
    またチラシやカタログ等の三つ折り、仕訳・封入・封緘やアクセサリーなど、様々な受注の仕事等も行っています。
  • パソコンスキルの向上
    データのチェックや印刷の作業の他、動画、画像の編集などパソコンを使用しての作業を通じて、パソコンスキル向上を図ります。
  • 地域団体の活動に参加
    近郊型農業の活動を行っている団体と協力しマルシェなどに参加します。(年間数回)
  • イベントでの製品販売
    地域のイベント等に参加し自主製品の販売などを行います。
  • 施設行事も定期的に開催。
    季節的なイベントも行っています。例:夏季定番イベント(屋形船ツアー)やホテルでのコース料理を通じてのテーブルマナー。
  • 工賃のお支払い
    自主製品や委託作業に取り組んだ方には工賃(時給)をお支払いします。
    また、ボーナスや年度末の手当などもお支払いします。
  • 就労支援も手厚くサポート
    就職をしたい場合、履歴書の作成や面接練習、職場体験実習などを通して就労活動のお手伝いをさせていただきます。
    また、施設外就労を通して実際の仕事の経験が出来ます。就労後の定着支援も行います。

スケジュール